感温印刷を用いた新しい名刺の形の提案

日本の名刺文化に沿った企業技術者に贈る個性派名刺

作者:川倉 拓真

作品について
日本は世界的に見ても名刺とその交換を大切に扱う文化です。しかし一方では、簡素で差別化に乏しい名刺デザインが一般化しています。これでは名刺本来の、自身を知ってもらう役割が充分に果たされないのではないでしょうか。この提案は、日本で長く育まれた名刺文化に沿いながらも、より印象的に記憶にとどめてもらうべく、特殊印刷による新たな要素と持ち主の専門分野を視覚的に落とし込んだ、技術者のための個性派名刺です。
コメント